台湾での住居の探し方

hot-springs-257867_960_720台湾の賃貸マンションは「套房」と「雅房」の二種類あります。「套房」とは、バス・トイレ付ワンルームで、普通台所はありません。TV、クーラー、冷蔵庫、ベッド、たんす、机、いす等生活に最低限必要な家電や家具は備え付けられていることがほとんどです。

インターネット回線の有無は、部屋によって異なりますが、大学の近くにある学生マンションはほとんど完備されています。

それに対して「雅房」とは、簡単にいうとルームシェアです。いくつかの部屋とリビングルーム、台所、バスルームがあり、部屋以外は全て共同使用で す。「套房」との大きな違いは、風呂、トイレが共同ということと、台所があるということ、そして家賃が割安であることです。それに、現地や他の国の留学生 と友達になれる機会もあります。

備え付けの家電・家具は、その種類や質など実際に見に行かないとわからないので、必ず自分で確認し、できるだけ大家さんに聞いてみてください。日本語が話せる大家さんはほとんどいないので、中国語が話せない場合は、話せる知人と同行することをおすすめします。

家賃は地域によって差が大きいです。学生マンション(套房)の場合は、余程立地がよい場合以外は、5千元~8千元の間です。普通の賃貸マンションで も1万元以内で見つけられます。それより高い値の場合は、高級住宅街か、とても条件がいい場所か、ぼったくられているか判断が必要です。雅房は、5千元前 後が相場のようです。

そのほかに確認したい事は、ガス・水道・電気の料金計算法です。台湾は夏暑いので、クーラー代は大きな出費となります。電気代は1度(1単位)いく らなのかとても重要です。私の経験では、電気もガスも1度3~5元が一般的です。水道代は、大家さんによって毎月支払う場合もあれば、半年、一年に一回支 払う場合もあります。

それは台湾の賃貸マンションの契約が基本一年契約だからです。半年でもいいという大家さんもいますが、それより短い場合は契約がなかなか難しいで す。そのため台湾各地を巡りたい滞在者は、ゲストハウスやYHに長期滞在しながら南部や東部を巡る人も多いようです。光熱費、水道代は普通は大家さんがメ モリと計算法を見せてくれますよ。

他には、台湾の賃貸物件はほとんどバスタブがありません。浴室が極端に小さいこともしばしば。その上、日当たりや風通しもしっかり計算されている部 屋は少なく、中には窓なしの部屋もあります。もちろん、壁も薄い場合もあるので、しっかり確認して自分に合ったお部屋見つけてくださいね。


取材協力:台湾トランス(台湾留学・ワーホリサポート)

whnews
lcc-ad800x150