ノルウェーのワーキングホリデービザ申請情報

sunset-1018670_960_7202013年から始まったノルウェーのワーキングホリデー。
ワーキングホリデービザでので滞在が可能な期間は最長で1年間、同一雇用主の下での就労は最長6ヶ月間に制限されます。年齢制限は申請時の年齢で18歳から30歳までとされました。
そのほか、詳細は以下の通りとなっています。

<申請可能な方>
・申請時に日本に在住していること。
・申請の時点で年齢が18歳から30歳であること。ただし、申請後に31歳になっても構いません。
・日本国のパスポート、ノルウェー渡航後3ヶ月の生活費(30,276クローネ)を所持していること。
・ワーキング・ホリデー終了後にノルウェーを離れる意思があること。ただし、ノルウェー入国前に日本への帰国のためのチケットを購入しておく必要はありません。
・健康であり、医療費をカバーできる保険に入っていること。

<申請に必要な書類>
・オンライン申請サイト「Application Portal」で申請手続きした際に受け取るカバーレター
・パスポートの原本、および使用済みのページ全ページのコピー
・写真2枚(3,5 cm x 4,5 cm)
・最初の3ヶ月分(30,276クローネ)の生活費を所有していることを示す書類。銀行発行の英文残高証明書および・あるいはノルウェーの就職先の証明書などで資金を証明してください。
・健康証明書。申請者が「健康である」ことを医師が証明し、発行したものを提出してください。「健康証明書」は大使館HPでダウンロード可。
・医療保険。滞在予定全期間有効な保険の証書、あるいはワーキング・ホリデーのための滞在許可が下りた時点で医療保険に加入することを示した「意思表示書」(大使館HPでダウンロード可)を提出してください。
・申請手数料。オンライン申請時にクレジットカードにて支払い(3700ノルウェークローネ/2016年6月時点)

<申請の流れ>
1.申請書類および必要添付提出書類の準備を行ってください。
2.『Application Portal』にてオンライン登録を済ませ、オンライン上にて申請書の登録と申請手数料の支払いを済ませてください。Application Portalで申請登録をする際には”Work”を選び、チェックリストは”working holiday for young adults from Japan”を使用してください。
また、Application Portal 上で“Reference Information”を入力する際は、“Other, without employer in Norway”を選択し、下方詳細部分にて“Other Professionals”を選択した後、“Working Holiday”とタイプしてください。
3.大使館に面接予約を入れ、面接日当日に必要添付書類を提出してください。
4.ノルウェー王国大使館が、申請書類を審査部門(ノルウェー入国管理局)へ転送します。
5.ノルウェー王国大使館より、申請者へ審査結果を通知します。

<重要事項>
・申請はノルウェーにあるノルウェー入国管理局(UDI)が処理します
・すべての必要添付書類を提出しなければ、申請は完了しません。
・申請後は、申請手数料の払い戻しはできません。
・ノルウェー語あるいは英語で書かれていない書類には、必ずノルウェー語訳または英語訳を添付しなければなりません。

【ビザ申請情報のご利用について】ビザ申請に関する情報は常に変化しています。ワーホリWEBでは最新で正確な情報を掲載すべく努力していますが、これらはあくまでも参考資料としてご利用いただき、申請にあたっては事前に大使館等、当該国の発表している公式情報を必ずご確認下さい。
whnews
lcc-ad800x150