韓国の携帯電話事情

smartphone-623722_960_720韓国はスマートフォン大国、普及率は73%(2013年統計)と世界2位で、周りにガラケイやスライドフォンを持っている人がいると一瞬二度見されるくらい、国民の大部分がスマホユーザーです。

一般電話が購入しにくいため、型落ちしたスマホ条件付き(2年間同じ通信社を使う等)でタダで配ったりするので、お年寄りでもスマホを持っているくらいです。しかもスマホ中毒が社会問題になっているくらいで、スマホを見る姿勢から椎間板ヘルニアの患者が増えたとか。

韓国では主にSKT、LGT、KTの3つの通信社があります。本体価格はタダのものから100万ウォン越えるものまで色々あり、最新型になればなるほど高くなります。

新品の価格は機械本体の値段と分割払い期間等の料金制によって異なりますが、普通24ヶ月払いで、本体の値段が高いものは36ヶ月払いもあり、月々の使用料金に追加されています。

一般に4~10万ウォン位の通信料がかかっているそうです。

機能は日本のスマホとほぼ同じで小型パソコンのようで、メールや電話だけでなく、ゲーム、インターネット、カメラ、カーナビ、音楽再生、電子マネー、TV視聴等いろいろできます。

韓国でも他の国に留学する子達は、韓国で買ったスマホを外国に持っていってネットを通して国際通話をしたりしています。

昔は中古の本体だとボロボロのものが多かったのですが、最近では新製品の回転が早く買い換える人が多くなり、中古品でも状態が良く種類も豊富になりました。

ワーホリ生活では通話もネットもできるのでスマホは必需品ですね。

whnews
lcc-ad800x150