航空券について

■航空券の基礎知識

ワーキングホリデーの予算の中で比較的大きな支出となるのが航空券ではないでしょうか。一般にワーキングホリデーの場合はエコノミークラスの格安航空券を利用する方が多いようです。韓国や台湾、オーストラリアであればLCCと呼ばれる格安航空会社も選択肢です。

また、航空券は目的国までの「直行便」よりも、第三国を経由する「経由便」の方が安い場合が多くあります。カナダの場合は韓国やアメリカ経由(ただしアメリカ経由の場合、保安検査が厳しくなっていますのであまりお勧めできません。)、ヨーロッパ各国の場合は韓国、香港、タイなどのアジア各国のほかアラブや北欧経由、ロシア経由といった選択肢もあります。

これらの航空券は旅行会社のほか、インターネットで販売している会社も多くあります。価格比較をしながら選べるサービスも多くありますので活用しましょう。
また、格安航空会社(LCC)の場合、インターネット経由で直接航空会社のページより購入するスタイルが一般的。キャンペーン等で驚くほどに超格安な航空券が出ることもありますので要チェックです。

05

■格安航空券の価格と座席の違い

同じ飛行機の同じクラスの航空券なのにも関わらず、格安航空券には価格差があります。
実は一般に「格安航空券」として販売されているチケットは航空会社が企画しているものと、旅行会社がツアー旅行分の座席をバラ売りする形で販売しているものの2つに分けられます。そしてこれらの間には明らかな待遇の差、つまり「座席の差」が存在していることはあまり知られていません。

航空会社が企画したチケットの場合、その多くはエンジンより前の、ビジネスクラスの後ろにある座席が割り当てられることが多いようです。エンジンより前の座席は騒音が少ないのが特徴です。またチェック インの際も混み合う団体客用ではなく個人客用の窓口で、よりスムーズにチェックインできます。
対して旅行会社が企画(バラ売り)したチケットの場合、基本は団体客向けの安い座席なので一般にその座席はエンジンの後ろ側になり、飛行中にはかなりのエ ンジン音があります。その代わり航空会社が企画したチケットより数万円安いケースもありますので、予算重視ならこちらを選択すると良いでしょう。

■現地での移動には格安航空会社

日本から渡航する以外にも、ワーキングホリデー中に旅行する際に活用できるのがLCCと呼ばれる格安航空会社。ヨーロッパであればライアンエア、オセアニアであればジェットスター、アジアであればエアアジアなどが代表的な存在です。日本でもようやく一般的になってきましたが、海外では既に長く利用されており、路線も充実しています。
こうした会社は期間や座席数限定でわずか数百円というような超低価格キャンペーンを実施することもありますので、こうしたキャンペーンに合わせて旅行を楽しむのも良い選択でしょう。

kisokouza200x200

whnews
lcc-ad800x150