ワーホリでお金を持ち出す方法

■お金の持ち出し方法について

ある程度まとまったワーキングホリデーの資金を現地に持ち出す方法はいろいろあります。 そこで代表的な方法をいくつか紹介したいと思います。
どの方法にもメリット、デメリットがありますので、現地の状況や、自分にあった方法などいろいろ検討してみてはいかがでしょうか。(為替や換金レートは常に変動していますので、必ず事前にチェックすることをお勧めします。)

09

●プリペイドカードを使う

日本では2014年にトラベラーズチェックの発行が終了しました。これに代わるものとして普及したのが国外で使用できるプリペイドカードです。
プリペイドですので予め入金しておいた金額以上は使えませんが、仮に盗難に遭った場合でも被害を最小限に留める事ができるメリットがあります。カードはビザやマスター、アメリカン・エキスプレスなどの国際ブランドが発行しているものであれば、これらのクレジットカードが使える場所ではクレジットカードと同様に買い物で使用することができるほか、ATMから現地通貨の現金で引き出すこともできます。
日本円建てで入金する方法のほか、外貨建てで入金できるサービスもあります。

●現地の銀行口座を開いて、あとで日本から送金してもらう

現地に入ってから現地の銀行へ口座を開設し、そこへ日本からお金送ってもらう方法です。日本から送金する場合も、銀行からと郵便局からと2つの方法があります。
銀行からの場合、電子送金だと手数料は高いですが数日で送金出来ます。この場合、日本円を日本の銀行で現地通貨にして送金するか、現地の銀行に送金してか ら現地にて両替するかによって為替レートが変わります。コツは「円建て送金」。日本から日本円のまま現地の銀行へ送金すると、そこで現地通貨に両替するこ とになりますので、換金レートがお得になります(国や銀行、その特の為替によっても変動しますので事前に必ずチェックしてください)。
郵便局からは、受取人の住所に直接為替証書が郵送される、「住所宛送金」というサービスがあります。受け取った証書は現地の銀行などで現金化してもらえます。手数料も銀行に比べると安いですが、証書の郵送にかなり時間がかかります。 (参考資料:ゆうちょ銀行ホームページ「国際送金について」
このほか、国際送金を専門にしている会社のサービスを利用する方法もあります。

●日本の口座からキャッシュカードで引き出す

海外からでも引き出しができる口座を日本で作り、現地から必要なときに必要な分だけ引き出す方法です。この方法ではシティバンク新生銀行が人気です。

現金を持ち運ぶ心配がない分安心ですが、引き出すたびに手数料がかかること、換金レートが現地の両替商に比べると悪い場合もあります。また、一度に引き出せる金額の上限が決まっているので、まとまった現金は引き出せない場合もあります。

●日本で両替

日本の銀行などで、現地通貨に両替するのは一番簡単な方法です。 しかし、大金を一度に両替してしまい、現地に現金を持参するのは防犯などの面から危険なので、当初必要な必要最低限の分だけを両替することをお勧めします。また、日本国内での換金レートはトラベラーズチェックなどと比較して一般的に10%程度割高です。

●現地で両替

現地にて日本円を現地通貨に両替する方が、日本の銀行などで両替するよりも一般的にレートが良いです。しかし、大きな金額を現地で両替した場合、現金を持ち歩くのはリスクがありますので防犯面で十分に注意してください。

●おすすめの方法

やはり大金を現金で持ち歩くのだけは避けたいところなので、とりあえず当面必要であろう金額だけを日本の銀行にて現地通貨に両替しましょう。そして日本にて あらかじめクレジットカードを作っておきます。クレジットカードの引き落としがされる日本の口座にもあらかじめお金を入金しておく事も忘れずに。これで急な出費や、大きな買い物などカードでできるので安心。スーパーでの買い物など、日常生活でも多用できます。

残りの現金は日本円のまま持ち込んで現地にて一番良いレートの両替商で両替し、現地で作った銀行口座へ速やかに入金。そして 最後に、日本から残りの資金を必要に応じて送金(もちろん「円建て送金」ですよ)してもらう、というのが良いのではないかと思います。

kisokouza200x200

whnews
lcc-ad800x150